<上顎>
乳中切歯・・8から12ヶ月
乳側切歯・・9から13ヶ月
乳犬歯・・16から22ヶ月
第一乳臼歯・13から19ヶ月
第二乳臼歯・25から33ヶ月
<下顎>
乳中切歯・・6から10ヶ月
乳側切歯・・10から16ヶ月
乳犬歯・・・17から23ヶ月
第一乳臼歯・14から18ヶ月
第二乳臼歯・23から31ヶ月

 フッ素はむし歯に強い歯をつくる性質を持っています。このフッ素を定期的に歯に塗ることで歯質を強化します。

〇をきれいに磨いた後、エアーを吹き付けて歯の表面を乾燥させます。
脱脂綿などにフッ素入りの薬剤をしみこませ、歯に塗ります。
フッ素を歯に塗った後は30分ほどうがいや飲食をさけます。(たまったつばは吐き出してください。)

上の 銑を2週間の内に3〜4回行います。これを年に2〜3回実施します。このほかにもフッ素の洗口法(うがい)やイオン導入法などがあります。

ご家庭では、フッ素入りの歯磨き剤の使用をおすすめします。

奥歯の噛む面には溝があり、むし歯が出来やすいところです。ここにシールをしてむし歯を予防する方法があります。これがシーラントです。シーラントは歯を削ることがないので痛みはありません。
ただし、このシールが剥がれることもありますので、定期的に健診をする必要があります。

シーラントを行ったからといって、必ずしもむし歯が出来なくなるというものではありません。また、これらの処置は初期のむし歯の治療法としても行います。

世の中にはむし歯になりやすい人となりにくい人がいます。むし歯になりやすい人となりにくい人では、予防方法が違いますので、自分がどのタイプなのかを知って予防することが大切です。

むし歯のなりやすさを左右する要因
,爐兄菌の量 唾液の量 B単佞亮 せの質
タ習慣 歯並び 年齢  

最近では、むし歯のなりやすさを歯科医院で検査することができます。唾液を採取して検査すると、むし歯菌の量や唾液の質がわかります。あなたに合ったむし歯対策を立てやすくなりますので、興味のある方は当院へご相談ください。

 


ID pass
Copyright (C) みやもと歯科医院.All Rights Reserved.